わきがクリームでニオイのお悩みとお別れナビ

塗ってすぐイヤ〜なわきのニオイが消えて、
しかも何日も効果が続く「わきがクリーム」

10秒でニオイの悩みを解決!わきがクリームランキングの結果はコチラ

HOME » 成分から見るわきがクリーム選びのポイント » 保湿が決め手!過剰な皮脂を抑える

保湿が決め手!過剰な皮脂を抑える

わきがの臭いの元になるアポクリン腺や皮脂腺は、脇の下の肌が荒れると分泌が過剰になってしまいます。保湿がわきが対策にも大切な理由を、分かりやすく解説しています。

肌荒れは臭いの元になる汗や皮脂分泌の過剰分泌を招く

わきがのニオイはアポクリン汗腺からの汗に雑菌が加わることでひどくなっていきます。

イメージ:保湿ニオイを何とかしようとこまめに汗を拭いたりすることで清潔さを保ち、体臭を抑えるよう頑張っている方は多いと思います。

確かにわき汗をしっかり拭きとると雑菌が少なくなるので、脇の下の汗を拭き取るのは有効な臭い対策の一つです。

しかしその一方で、実は汗をこまめに拭き取りすぎることでかえってニオイがきつくなることもあるのです。

汗や皮脂は肌を保護して乾燥から防ぐために無くてはならないものです。過剰に拭き取り過ぎると、肌は乾燥をさせまいと汗や皮脂をさらに多く分泌するのです。

その結果ニオイのケアをしているつもりが悪化させてしまうという矛盾が起こってしまいます。

このような矛盾を起こさないために重要なのが、肌の保湿です。

適度に肌を保湿することで皮脂と汗を過剰分泌させず、ニオイを軽減することができます。特に冬は肌の乾燥がひどいことが多いので、わきがの人は、意識して脇の下まで保湿するのが大切です。

わきの保湿で肌のバリア機能回復や黒ずみ解消も

わきがクリームに含まれている保湿成分には、ドクダミシャクヤクなどの植物エキスヒアルロン酸などがあります。消臭や制汗効果をアピールするわきがクリームの中では保湿成分はどうしても脇役の存在になりがちですが、きちんと保湿成分が配合されたデオドラントクリームを選ぶことは実はとっても大切です。

よく使われているパウダータイプやシートタイプのデオドラントは肌をさっぱりとさせる目的の製品が多いですが、使用感を重視するあまり保湿効果の弱いものもあります。

肌に本来必要である水分や皮脂も奪ってしまうと肌が乾燥し、余計にニオイが出てしまうこともあるので気を付けましょう。

保湿効果の魅力は他にもあります。脇の下を保湿ケアすることで肌のバリア機能が回復してターンオーバーを促すため、脇の黒ずみもケアすることができます。

ニオイや黒ずみが気になってノースリーブや水着になることができないと嘆いている人には、保湿成分を含んだわきがクリームがおすすめです。