わきがクリームでニオイのお悩みとお別れナビ

塗ってすぐイヤ〜なわきのニオイが消えて、
しかも何日も効果が続く「わきがクリーム」

10秒でニオイの悩みを解決!わきがクリームランキングの結果はコチラ

HOME » 知っておきたい わきがクリームの代表的な成分と働き » パラフェノールスルホン酸亜鉛

パラフェノールスルホン酸亜鉛

デオドラント製品に使われる代表的な有効成分のひとつ、パラフェノールスルホン酸亜鉛の制汗効果について、その働きをざっくりとまとめています。

毛穴を閉じてニオイの原因となる汗をシャットアウト!

パラフェノールスルホン酸亜鉛は汗の分泌を抑える制汗成分で、制汗剤によく使われています。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は汗に含まれているたんぱく質と反応すると凝固物を作るのですが、この凝固物が汗腺の出口をふさぐことで汗が多量に出るのを防ぐことができます。エクリン腺の汗よりもニオイの原因となるアポクリン腺を抑える効果があるのでわきがには効果的です。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は収れん剤として主にデオドラント製品によく用いられていますが、防腐剤として化粧水に含まれていたり防虫剤などにも使われています。毒性は比較的弱いため刺激を感じることもなく肌が弱くても安心です。ただし、まれにアレルギーを起こす可能性があるので気を付けましょう。

一般名ではパラフェノールスルホン酸亜鉛と呼ばれていますが、フェノールスルホン酸亜鉛と表記されているものもあります。

パラフェノールスルホン酸亜鉛を使ったわきがクリームを選ぶべき理由とは

パラフェノールスルホン酸亜鉛自体には消臭効果がないため、ニオイ対策にはあまり有効ではないのでは?と思う方もいるかもしれません。

ですが汗は雑菌のエサとなりますし、雑菌と混ざり合うことであの嫌なニオイを発生する原因となるので、汗を抑える成分は配合されている方がわきがクリームとしての効果はぐんと高くなります。

また、汗を大量にかくと、せっかく塗ったわきがクリームが流れ落ちてしまうので、特に脇に大量に汗をかく人は、パラフェノールスルホン酸亜鉛を配合したデオドラント製品を選ぶことが大切です。

殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールでニオイを消しても、雑菌のエサになる汗が大量に出続けていては、わきがの臭いを止めることができません。

効果の高いわきがクリームを選ぼうと考えるなら、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールにプラス制汗効果のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛の2つが配合されていることが重要です。

ニオイと汗をダブルでケアすることで気になるニオイをしっかりと消すけことができますから、デオドラント製品を選ぶ時はこの2つが配合されているかどうか、パッケージやホームページからしっかりチェックしておきましょう。