わきがクリームでニオイのお悩みとお別れナビ

塗ってすぐイヤ〜なわきのニオイが消えて、
しかも何日も効果が続く「わきがクリーム」

10秒でニオイの悩みを解決!わきがクリームランキングの結果はコチラ

HOME » わきがと体臭の基礎知識・原因から対策まで » ストレスとホルモンバランスと体臭の関係

ストレスとホルモンバランスと体臭の関係

「いつもより臭っている気がする」と、生理前やストレスを感じたときに自分の体臭が気になってしまい、「わきがかも」と悩む人も多いといわれています。

こんな時にいつもより体臭やわきがを感じるのはなぜ?

イメージ:汗わきがを自覚すると、他人がどう思っているのかがとても気になるようになります。

「嫌がられているかも」「噂されているかも」「迷惑だと思っているかも」など次々に気になることがでてくると、さらにニオイが強くなっているような気がすることはありませんか?

また、妊娠や出産をきっかけに突然わきがになってしまうこともあります。今まで臭うことなんてなかったのに、まさかのわきがにショックと驚きを隠せない女性も多いようです。

 

わきが・体臭とストレス、ホルモンとの関係

実はわきがはストレスとホルモンバランスに深く関係しています。ストレスを強く感じるとわきがのニオイもひどくなりますし、妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れによってわきがになってしまうこともあるのです。一体それはなぜなのでしょうか。

ストレスとわきがの関係

ストレスや緊張をすると冷や汗がでたり手が汗ばんだりすることからも分かるように、ストレスには発汗を促す作用があります。

また、ストレスはわきがの原因となるアポクリン腺を刺激することで、アポクリン腺からニオイのもととなる汗を分泌しやすくします。さらに緊張による汗(精神性発汗)も、エクリン腺からも多く分泌されます。

これらのニオイが混ざり合うため、わきがの人は通常の人が緊張で汗をかいた時よりも臭いやすくなるのです。

ホルモンバランスとわきがの関係

わきがはホルモンバランスに影響していると言われています。女性の場合は妊娠や出産、生理などでホルモンバランスが乱れやすく、生理前や生理中にわきがのニオイが強くなったり、妊娠や出産をきっかけにわきがになってしまう人もいます。

もともとニオイを発するアポクリン腺は生まれつき数が決まっていますが、実は男性よりも女性の方がアポクリン腺の数が多いと言われています。妊娠や出産によってホルモンバランスが崩れるとアポクリン汗腺は刺激されて活発化し、ニオイがきつくなってしまうため突然のわきがに戸惑ってしまうのです。

健康的な生活で体臭は抑えられる

ストレスやホルモンバランスの乱れがわきがの原因になるため、なるべくストレスを溜めずにホルモンバランスが崩れないような健康な生活を送ることが大切です。

また、ニオイを気にし過ぎないようにすることでわきがのニオイを抑えることができます。

例えば規則正しい生活、快眠、疲労を溜めないようにする、適度な運動をして新陳代謝を良くする、食生活を整えるなどなど。なるべくリラックスして健康な生活を送ることで、ニオイが悪化しないようにするのです。

妊娠や出産の場合は一時的なホルモンバランスの乱れでもあるので、授乳期が終わる頃にはわきがが弱くなることもあるそう。

「妊娠してわきがになってしまった」と嘆いている方も、授乳期が終われば治るかもしれないと思えば気も楽になるはずです。