わきがクリームでニオイのお悩みとお別れナビ

塗ってすぐイヤ〜なわきのニオイが消えて、
しかも何日も効果が続く「わきがクリーム」

10秒でニオイの悩みを解決!わきがクリームランキングの結果はコチラ

HOME » わきがと体臭の基礎知識・原因から対策まで » 臭いの源?皮脂腺と汗腺について

臭いの源?皮脂腺と汗腺について

汗っかきでも臭いの少ない人もいれば、それほど汗もかかないのに体臭のきつい人もいます。この違いは、腋臭や体臭の元となる「腺」の違いによるといわれています。

汗の臭いの違いは汗腺の種類による

汗をかいたときに、ただ「汗臭い」と感じる程度の人もいれば、臭いが強く「わきが」だと感じさせる人もいます。

どちらも汗が原因になっているわけですが、このようなニオイの違いはなぜ起きるのでしょうか。それには、体臭の原因となる「皮脂腺」「エクリン腺」「アポクリン腺」の3つの腺が関係しています。

腺とはそれぞれの成分を分泌する穴です。それぞれの穴から出る汗や分泌物など性質が異なり、それがニオイの違いを生んでいるのです。

体臭の原因となる3つの腺の違い

(1)エクリン腺
エクリン腺は全身に分布している、肉眼では見えないほど小さな汗腺になります。
エクリン腺から出る汗は99%以上が水分のため、サラサラとしていてニオイがありません。
体温が上昇したり緊張した時、辛い物を食べた時に出る汗はほとんどの場合このエクリン腺からの汗になります。
(2)アポクリン腺
アポクリン腺は脇の下やへそ周りなど一部分に分泌している大きな汗腺です。
たんぱく質やアンモニア、脂質などの成分を含んだやや粘り気のある汗を出します。
この汗は栄養たっぷりかつ塩分が少ないため雑菌が繁殖しやすく、独特のニオイを発生させます。これがわきが特有のニオイになります。
(3)皮脂腺
皮脂腺は全身に分布している汗腺で、皮膚を柔らかく保ち乾燥から守るために皮脂を分泌する働きを持っています。
分泌される油脂成分はエクリン腺やアポクリン腺の汗と混ざることで、ニオイが非常に強まります。
脂質の分泌量が正常ならニオイもひどくはなりませんが、体質や生活習慣によってはニオイがきつくなるようです。

ニオイはアポクリン汗腺や皮脂腺が影響している

誰もが持っている汗腺ですが、このように実は3つの汗腺からなり、それぞれから出る汗や分泌物が異なっています

わきがの場合はその汗腺から出る汗の質が雑菌の栄養になりやすく、さらに雑菌が繁殖することで独特の強いニオイが発生するのです。

逆を言えばニオイの原因を作らないような質の良い汗をかき、さらに雑菌が繁殖しないように体を清潔にする汗対策をすることでニオイを防ぐことができます。