わきがクリームでニオイのお悩みとお別れナビ

塗ってすぐイヤ〜なわきのニオイが消えて、
しかも何日も効果が続く「わきがクリーム」

10秒でニオイの悩みを解決!わきがクリームランキングの結果はコチラ

HOME » わきがと体臭の基礎知識・原因から対策まで » 親がわきがなら子どもも?遺伝と体質

親がわきがなら子どもも?遺伝と体質

遺伝とわきがには密接な関係があるといわれていますが、それはどこまで本当なのでしょうか? 避けられない遺伝による体臭を抑える方法を解説します。

両親のわきがは高確率で子供に遺伝してしまう

わきがの原因の一つに遺伝が挙げられます。よく体質だから、遺伝だからという話を聞きますが、まだ遺伝子によるわきがとの関係性は完全には解明されていないようです。

ただ、実際にわきがの両親との間に生まれた子供のうち80%はわきがになると言われています。片親だけがわきがの場合は50%で、例えば3人の子供がいた場合は3人に1人はわきがになることが多いようです。

このことからも分かるように、遺伝性がきちんと解明されていなくても遺伝でわきがになる確率はとても高いと言えます。

なぜこんなにも確率が高いのかと言うと、わきがは優性遺伝をするからです。

わきがである遺伝子を「A」、わきがでない場合を遺伝子を「a」とすると、「A」と「a」のどちらかの体質が現れそうな時に人間は優性である「A」を選びやすくなります。

つまりわきがでない遺伝子よりもわきがである遺伝子の方が強いため、高確率で発症してしまうのです。

最近では、どれくらいのわきが体質出現リスクがあるのかを調べる遺伝子検査もあるようなので、どうしても気になる場合は調べてみても良いですね。

わきがの遺伝に関係するのは、主にアポクリン腺の数と部位になります。アポクリン腺が多いほど分泌される汗の量も多くなるのですが、この数の多さが遺伝することで子供もわきがになってしまう事が多いようです。

体臭の強い弱いはアポクリン腺の数によるので、生まれながらにアポクリン腺の数が多かった場合は「遺伝でわきがになった」という事になります。

遺伝でもあきらめない! わきがと体臭は日常のケアで抑えられる

わきがのニオイはほとんどの場合思春期に気付くことが多くなります。これはわきがの原因となるアポクリン汗腺の成長が子供から大人の身体に成長する思春期に始まるからです。

遺伝によるわきがの発生は、正直なところ防ぎようがないのが現実です。それでも食事内容を改善したり入浴で清潔さを保ったり、わきがクリームなど適切なデオドラント剤でケアをすることでニオイはぐんと改善されます。

親がわきがの場合は身近にニオイに対して相談できる相手がいるのですから、アドバイスを貰っても良いですね。

子供にわきがが遺伝してしまった時も悲観的にならず、出来る限りのアドバイスをして早めの対策を取りながらサポートしてあげるのが一番です。