わきがクリームでニオイのお悩みとお別れナビ

塗ってすぐイヤ〜なわきのニオイが消えて、
しかも何日も効果が続く「わきがクリーム」

10秒でニオイの悩みを解決!わきがクリームランキングの結果はコチラ

HOME » わきがと体臭の基礎知識・原因から対策まで » タバコとお酒がわきが・体臭を悪化させる?

タバコとお酒がわきが・体臭を悪化させる?

「喫煙者はたばこ臭い」「お酒を飲む人は熟柿臭い」というのは当然ですが、実はたばこやアルコールはそれ自体の臭いだけでなく、体臭やわきがを強くしてしまう働きがあると言われています。

一番の対策はアルコールやタバコをなるべく控えること

わきがを根本的に解決しようとするなら、アルコールとタバコをやめることをおすすめします。

アルコールを摂取すると酒臭さがぷんぷんしたり、タバコを吸うとタバコ臭さは近くにいるとすぐ分かりますよね。

そのことからも分かるようにタバコやアルコールはとてもニオイが強いものです。特に男性の場合は自身のニオイと混ざり合ってさらにニオイがきつくなってしまうことが多いようです。

止められない人は原因を知って効果的な対策を

それでもアルコールやたばこを止めたくない・止められない人は、わきがや体臭を悪化させる原因を知る事で、それを少しでも抑える対策をしましょう。

アルコール

アルコールは体内に入れるだけで体臭がきつくなるニオイ成分の塊です。お酒を飲むとすぐに発汗量が上がり汗腺が刺激されます。

わきがの方がアルコールを摂取すると急にニオイが強くなったように感じるのは、お酒を飲むことでアポクリン汗腺から汗が分泌されるためです。

とは言え少量ならアルコールは摂っても問題ありません。ストレス発散効果があるためたしなむ程度ならかえってわきがにも良い影響を与えてくれます。

「ニオイが強くなるからアルコールは絶対ダメ」と決めつけてしまうと、それがストレスになってニオイが強くなることも。飲み過ぎないことに気を付け、さらに飲む前にわきがクリームを塗って対策を行っておけば、周りが不快な思いをすることもなくアルコールを楽しむことができます。

タバコ

イメージ:アルコールやタバコはなるべく控えてタバコに含まれているニコチンは、わきがの原因となるアポクリン腺を刺激することで汗をたくさんかかせます。

また、ニコチンが中枢神経を刺激することにより体温調節機能も刺激し、暑くなくても汗を排出して体温を下げていきます。

体温が下がると身体の代謝は悪くなり、べたべたとした質の悪い汗が出るようになります。この質の悪い汗はニオイのもとになりやすいため、タバコを吸うとわきがのニオイも強くなってしまうのです。

タバコによるニオイもデオドラントクリームが有効ですが、タバコを吸う人と吸わない人では効き目にも違いがあります。ニオイを発生させない、デオドラントクリームを長持ちさせると考えるなら、タバコをきっぱりとやめてみるのも手です。